スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

192kHz/32-bit対応USBオーディオ・インタフェースCM6631

これまでの自作USBオーディオの定番チップはTI社のPCM2704/2706なんですが、48kHz/16-bitまでにしか対応していないので、USB DACとしては最適とは言えないです。

USB 2.0 Hi-Speed対応のチップを調べたところでC-Media社のCM6631を見つかりました。

CM6631はUSB Audio Class 2.0で192kHz/32-bitアシンクロナス転送対応という高スペックを持つのでとても興味深いチップです。

本来ならば公開する資料の不完全さと最小発注数で断念すべきですが、ONKYOなどの大手メーカーにも高級プリアンプで採用されているから、コストを無視してあえて購入してみました。

次は基板を起こすしかないですけど、手持ちの資料が不完全なので難航が予想されています。

USB 2.0 High-Speed True HD Audio Processor CM6631

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mic

Author:mic

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。