スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3.3V三端子レギュレータ 製作レポート

今回の回路は基準電圧源と定電流回路以外、前に作った電源基板と同じのため、一発で成功と予想しましたが、意外に上手く行きませんでした。

実は基板が届いた瞬間で最初のバクを発見しました。

reg306_kiban.jpg reg306_kiban2.jpg

トランジスタのパッドの上に何故かレジスト。

幸いレジストの対処は難しくありません。ピンセットを使って簡単に除去できます。

reg306_complete.jpg reg306_complete2.jpg

チップ部品の取り付けはディスクリートOPアンプの製作で大分慣れてきました。部品実装はかなり順調でしたが、コネクタが何故か3.175mmになっています。TO-220に妙に合いませんので、柔らかいすずめっき線を取り付けました。

これで動くはずと思いましたが、1kの負荷を接続しても電圧が2.6Vになってしまいます。

基準電圧は問題ありませんので、初めて使うSC-62パッケージの2SB806を測定してみて、すぐに大変なミスを発覚しました。
2SB806の足配置はデータシートでECBと書いてありましたが、それは背面のことです。正面から見ればBCEになるので、実は逆接続になりました。

reg306_complete3.jpg

その解決策をいろいろ検討したが、結局はメタルキャンの2SA606を取り付けました。これで問題なく動作しましたが、やっぱり基板をやり直すことが必要と思います。
スポンサーサイト

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

mic

Author:mic

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。